名古屋在住ラガーの食べ歩き日記。おいしいものを楽しく食べたいな♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |

人気ブログランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
坦々麺&陳麻飯 in 陳麻家 中区・栄
2009年01月15日 (木) | 編集 |

人気ブログランキングへ

どうもラガーです

今日はとっても寒かった。
こんな日には辛いものを食べて体を暖めるのだ。

そんなわけで辛いものを求めて中日ビルの裏側あたりを
散策していると陳麻家なるお店を発見

CIMG3478.jpg


看板に“旨辛至福研究飯店”と書いてある。
なんとな~く、というか間違いなく辛いものがおいしいんでしょう。

今回はこのお店に決定です!

店内はとっても綺麗です。
中華料理屋さんのはずなのになぜかHIP HOPやCLUB MUSICが流れてる(笑)

CIMG3471.jpg

メニューを見てみると陳麻飯というメニューがある。

ちんまあはん

なんでしょう

おおっエエェッ!?!?
壁を見ると大きく陳麻飯(ちんまあはん)の説明がしてあるぞ。

CIMG3473.jpg

どうやら麻婆飯のことらしいです。
このお店の名物料理のようだ。

熱烈発汗幸福食ナリ
限界の辛さって書いてあるので相当辛そう。

坦々麺も気になったので陳麻飯と坦々麺の
ハーフ&ハーフを注文しました。

しばらく待っていると・・・
CIMG3476.jpg
CIMG3477.jpg
陳麻飯と坦々麺のハーフ&ハーフ(¥750)です。

どちらもおいしそう&辛そうです。

CIMG3472.jpg
お水の準備も万端!
さあ、食べるぞおんぷ

坦々麺のスープを飲むと、辛さはほどよい辛さで
ゴマの風味が広がっておいしい。

麺は極細麺ですがスープとよく絡んでいます。

ただもうちょっと熱いといいかなぁ。
ちょっとぬるく感じました。

さて、初挑戦の陳麻飯を一口食べると

・・・から~いえぇ

けど、限界の辛さってほどでもないかな。

四川山椒を使ってるそうですが、調味料のせいでしょうか?
辛さの中に旨みや甘味も感じられます。

坦々麺と陳麻飯を交互に食べていると
いつの間にか額から汗がたっぷり汗

おかげで体がぽかぽかになりました。

ごちそうさまでした


陳麻家

食べた後、ネットで調べたら
有名なチェーン店のようです。

初めて食べる陳麻飯はなかなかおいしかったですが、
坦々麺のほうが好みでした。

でも3度食べると病みつきになると看板に書いてあるので
後2回は食べてみなくては!

店員さんの接客も好感が持てる良いお店でした。

夜はコース料理や飲み放題もあるようです。

夜のアラカルトメニューも食べてみたいな

↓ご参考になりましたら、ポチッとお願いいたします↓
人気ブログランキング参加中
陳麻家栄四丁目店  - Yahoo!グルメ





関連記事
スポンサーサイト


人気ブログランキング参加中人気ブログランキングへ
<スポンサードリンク>

テーマ:Lunch♪
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
2年以上前ですが、以前に勤めていた会社の近所にOPENしたのですぐに行きました。
「辛」とついたら行かなきゃ!!!

私もハーフ&ハーフを食べたのですが、陳麻飯が思ったよりも辛かったのを覚えています。
両方食べれるセットはいいですよね。
2009/01/15(Thu) 08:35 | URL  | てぃさ #-[ 編集]
>てぃささん
さすが辛いもの好きのてぃささんは行ってましたか。
錦4丁目店はまだOPENしてから新しく、よい感じでしたよ。
夜にビール飲みながら辛いもの食べたいです♪
2009/01/15(Thu) 21:05 | URL  | ラガー #-[ 編集]
|ω・`)
中日ビル裏辺りの駐車場使うので
店の前よく通って気になってました
外観からして美味しそうに見えますよね!?w
結構大きいチェーン店みたいですが、
また一度も行った事無い…
麻婆飯美味しそうだなぁぁ
2009/01/17(Sat) 02:06 | URL  | ワカ #mQop/nM.[ 編集]
>ワカさん
そうなんですよね。
看板の“旨辛至福研究飯店”に
引き寄せられました(笑)
チェーン店のようですが、店員さん
アットホームな感じでよかったです。
2009/01/17(Sat) 03:56 | URL  | ラガー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。