名古屋在住ラガーの食べ歩き日記。おいしいものを楽しく食べたいな♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |

人気ブログランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
牛タン&ワイン in あっかんべぇ 中区・栄
2012年08月31日 (金) | 編集 |

人気ブログランキングへ

今日も応援クリックお願いします

こんにちはラガーです

うるうるさん&Mioさん にお誘いを受けて
おいしい牛タン料理と
ビンテージワインを楽しんできました♪

会場は錦にあるあっかんべぇさん。
DSCF1418.jpg

この日はお店貸切。
どんな料理が出てくるのかとっても楽しみ♪


まずは泡で乾杯!
DSCF1383.jpg

初対面の方も大勢います。
皆さんよろしくお願いしま~す。



DSCF1384.jpg


チーズ盛り合わせ
DSCF1388.jpg

キャラメル味のチーズがめちゃ旨でした♪
そんなにチーズ好きではないけど
これはまた是非食べてみたいな。



チーズにあわせて赤ワイン登場
DSCF1399.jpg

1970年ものです!
僕よりも年齢を重ねたワイン(笑)
なかなか飲む機会ないですよね~。


DSCF1391.jpg

店長が目の前で大量のタンを焼き始めます。
はやく~待ちきれない(笑)

DSCF1392.jpg

待ってました!
厚切り牛タン焼きです。

すごい肉厚なタンにかぶりつくと
肉汁が口の中に溢れ出てきます。
おいし~い♪
間違いなく今まで食べた
牛タンの中で一番のおいしいさ。



DSCF1394.jpg

タンと一緒に
焼いたバケットも


豚の角煮
DSCF1396.jpg

大根も豚肉も箸でスッと
切れるぐらい柔らかくてとろっとろ♪

上にかかっているのは豆腐のソース。
豆腐なのになんでこんなに濃厚に出来るのかな?
とにかくおいして感動!



DSCF1387.jpg

どんどん新しいビンテージワインがやってくる。
なんて贅沢なんだ~♪


DSCF1401.jpg

高級なワインをたくさんいただいたけど
ワインの味が全く語れないのがもどかしいなぁ。
とにかく全部おいしかったんです(笑)



またまた店長が何か焼きだしたぞ。
DSCF1404.jpg

すごい炎!
脂がすごいんですね~。


でてきたのは
牛の希少部位サンカクの炙り
DSCF1407.jpg

脂のノリがすごいです!
旨い、旨すぎです!
もはやこれはステーキですね♪



「最後は牛タンカレーだけど、量はどうしますか?」

と聞かれたのでもちろん「大盛り!」と即答(笑)

だってこんなにおいしい牛タンのカレーですよ。
たくさん食べたいもんね。
それに締めのカレーなんて量ちょっとのはずだし。



で出てきたのがこちら
DSCF1409.jpg

予想以上のボリューム!
これ間違いなくCOCO壱番の一人前ぐらいありますよね(笑)

DSCF1412.jpg

大きくて柔らかい牛タンがゴロゴロっと入ってます。
ルーも牛タンのコクがでてまろやか&スパイシー。

このカレーとにかくおいしくて感動しました!
このカレーだけでお店出せると思います。

店長に
「ランチでこのカレー出して下さい♪」
ってお願いしたら
「¥2000でも元がとれないから絶対嫌だ!」
って言われました(笑)

ちなみに通常営業ではカレーは出てきませんので
ご注意下さいね~。



幹事のうるうるさん&Mioさん、
ご一緒した皆さんありがとうございました♪

ごちそうさまでした


おかげさまで3位圏内
↓応援クリック、ポチッとお願いします
人気ブログランキングへ


牛たん あっかんべぇ
住 所 :名古屋市中区錦3-12-7 錦シルバービル 2F
TEL :052-962-9800
営業時間:11:30~13:30 18:00~23:00        
定休日 :日曜日・祝日
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
カレー是非食べてみたいのですがどうしたらいただけるんでしょうか?
2012/08/31(Fri) 22:03 | URL  | ひさのぶ #-[ 編集]
>ひさのぶさんへ
う~ん、どうなんでしょう?
常連客になったら?
それとも貸切にしたらかな?
ちょっと分からないのでお店の方に
聞いてみるのが一番だと思います。
お役にたてずすいません。
2012/09/02(Sun) 23:30 | URL  | ラガー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。