名古屋在住ラガーの食べ歩き日記。おいしいものを楽しく食べたいな♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |

人気ブログランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふらのフレンチ in フラノ寶亭留
2008年10月11日 (土) | 編集 |

人気ブログランキングへ

富良野の広大な土地にわずか29室という静かな大人のホテル。
っということで興味をもったフラノ寶亭留(フラノホテル)

今回はラガー嫁が、フラノ寶亭留編1として、
フラノ寶亭留ディナー「ふらのフレンチ
を中心にご紹介します。

フラノ寶亭留に滞在したのは、2008年9月。

4泊5日の 北海道旅行の二日目に訪れました。

「温泉や岩盤浴などがあって、(小学生以下お断りの)静かな素敵なホテル」

ということで、ホテルライフを楽しみに、気合を入れて15:00時くらいにチェックイン。

一番乗りだったかな?

CIMG2118.jpg

中に入ると・・・・

CIMG2111.jpg
ロビーにはふらのMILK牛乳の空き瓶でできたシャンデリアが!!

牛乳瓶牛乳なのに、こんなにすてきなシャンデリアになっていることにびっくり。

CIMG2100.jpg
シャンデリアの下にある大きなテーブルで雄大な十勝岳を眺めながら、
そして、おしゃれなゼリーとお茶を頂きながらチェックインします。

この時に、夕食・朝食の時間を決めます。

ちなみに夕食のお肉料理(牛or豚)もここで決めなければなりませんでした。

その後、今回のお部屋である
ラグジュアリーツインルーム
に案内してもらいました。

CIMG2101.jpg
お部屋はナチュラルな感じ。

ラグジュアリーツインルームは最上階(と言っても3階ですが)にあるため、
丸みを帯びた高い天井があり、
さらに、大きな窓から入る光ですごく広く感じます。

でも、大きな窓があるせいでテレビが微妙な位置についていました。
(寝ながら見るのはちょっと難しそうなテレビの位置・・・)

CIMG2105.jpg
外にはバルコニーもあって、
目の前にはラベンダー畑と十勝岳が広がっています
CIMG2106.jpg

7月くらいだと、きっとラベンダーがいい感じなんだろうな~。

CIMG2104.jpg
ラグジュアリーツインルームにはジェットバスがついていました。

温泉や岩盤浴が充実していたので、お部屋のジェットバスは使わなかったけれど、
お風呂からも十勝岳が眺望てきるお部屋のつくりになっており、
たとえジェットバスを使わなくてもラグジュアリーな感じが味わえるのでオススメです。

そして、アメニティーにはロクシタンが!!

喜ぶラガー嫁

ロクシタンなんて、なんともラグジュアリーな気分にさせてくれるじゃぁないですか。

そのほかのアメニティーは、男女別の袋に入れられておかれています。
(後ろに見えるきんちゃくが男女色違いで二つありました。)

そしてお部屋で少しくつろいで、ホテルまわりを散策したら、

さてさて温泉温泉

フラノ寶亭留には2つの大浴場があり、男女入れ替え制になっています。
チェックインした後(夕方~夜中)に女性が入れるのは3階のお風呂。
展望風呂と岩盤浴がありました。

ほとんど人もおらず、
また、小学生以下お断りということで、静かな時間がこわされることもなく、
ゆっくりと岩盤浴&温泉を楽しむことができました。

部屋に戻ると、待ちくたびれたラガーが眠っていました。

ラガーを起こして、お腹もすいてきたところで、
19時半に予約してあったふらのフレンチ
いざ、、出陣です

レストランに行くと、奥の方の席へ案内されました。

お席はムーディーな感じ。

CIMG2128.jpg
フラノフレンチ2008年秋メニューのお品書きです。

ながーい名前のお料理が多いな。。

わくわくしてお料理を待っていると・・・・
CIMG2127.jpg
食前酒 フェッレラーリ・ブリュット
が、まずやってきました。

とっても飲みやすくて美味しい食前酒でした。

CIMG2130.jpg
富良野産完熟野菜のテリーヌ 阿寒湖産イトウマリネ サラダ仕立て
です。

このお料理は、彩りがとっても綺麗で
しかも、富良野産完熟野菜が甘みがあってとっても美味しかった

ラガーともどもかなり気に入った一品。
特に、ラガー嫁はオクラが大好きなので、このお料理が一番気に入りました

CIMG2131.jpg
パン」です。
パンは香ばしくてなかなかレベルの高いパンでした。
それよりも、バターが美味しかった

CIMG2132.jpg
滝川産あい鴨のクロケットと北あかりのニョッキ セージ風味
 生姜の香るソースマディラとキャトルエルプ入り日高産マスカルポーネのクリーム


ひゃぁ、長い名前

今回のふらのフレンチの中で一番長い名前のこのお料理。
あい鴨のころころコロッケ(クロケット)と日高産マスカルポーネのクリーム
はもちろん美味しかったけど
ラガー嫁は北あかりのニョッキがちょっと変わっていて
もちもちとしてて気に入りました

もう少したべたかったな。。

CIMG2137.jpg
自家農園産 ゆめのコーンの温かいポタージュ
このもろこしスープ、めっさ美味しかったです

コーンは甘みがあって、なかなかこんな美味しいコーンスープはないだろうな。

ラガーはこれが一番気に入ったようでした。

普通のコーンスープよりも量がかなり少ないのですが、
ラガーはこれがボールいっぱいに入っていても飲み干せるくらい美味しいと言っていました。

CIMG2138.jpg
~ブイヤベース・ア・ラ・ホッカイドウ~ 
 紋別産カラフトマス・サロマ産ホタテ・積丹産アワビ


紋別産カラフトマスは鮭と似たような味でした。

厚い切り身でホクホク?した感じで食べ応えがありました。

アワビもコリコリしてて美味しかった。

全体的に味は、少し薄めに感じましたが、
かかっているスープは海産物の味がしみこんでおり美味しかったです。

CIMG2140.jpg
余市産りんごのソルベ
これ、お口直しの一品と言ってあなどるなかれ。。

すりりんごがとっても濃くて、大変美味しいソルベでした。

一口と言わず、デザートとしてもう少し食べたい気分でした。

次はお肉料理です。
お肉料理は、牛と豚のどちらがいいか、チェックインのときに伝えてありました。

CIMG2144.jpg
十勝牛フィレ肉のステーキ 
 ふらのツバイゲルトレーベの赤ワインソース


CIMG2142.jpg
上富良野産地養豚のブレゼ インカのめざめのエクラゼ

お肉料理は牛か豚かを選ぶのですが、
ラガーともども、どちらの食べたかったので一つづつ注文しました。

牛肉については、柔らかくて美味しかったですが、
特に目新しい感じの味付けではなく、
お肉も格別音符というわけでもなく、普通に美味しいといった感じでした。

豚肉については、とてもやわらかく豚にかかっていた煮詰めたようなソースと
お肉とマッシュポテトを一緒に食べると、お口の中にやわらかい味わいが広がって
美味しかったです。

どちらのお肉料理も、付け合せのお野菜はとっても美味しくて
お肉よりもむしろ、お野菜に釘付けでした

CIMG2145.jpg
~デセール~ 
 ヌガーグラッセとブリオッシュ
 ボワールのコンポートとそばの実のグラス添え


ブリオッシュはふわふわのケーキにはさんだというわりには
あまりふわふわでなく、少しぱさついた感じがしたのは気のせいでしょうか

はさんであったアイスクリームは美味しかったのですが。

そのほかのものは、特に目新しいものはなく、味もまぁまぁといった感じでした。

CIMG2148.jpg
小菓子」と「コーヒー

小菓子は、お砂糖にくるまったアーモンドと、オレンジピール?のようなお菓子でした。
コーヒーは飲みやすく美味しいコーヒーでした。


ふらのフレンチ全体的に見て・・・・

特にお野菜メインの前半は、ものすごくテンションあがりました上

中盤くらいから、お魚。お肉、デザートになるにつれて、
美味しいことは美味しかったのですが、お肉料理としての味は、あまり印象に残らないかも

また、フラノ寶亭留は静かな大人のホテルだということですが、
フレンチなのに、作業衣(部屋着?)で来てもいいことになっていたため、
作業衣(部屋着?)でフレンチを食べている人がいたり、
年配の女性の6人グループが近くにいて、
少々うるさいな・・・と感じる場面もあり、
もう少し大人な雰囲気作りを頑張って欲しいなとも思いました。

お肉とデザートは美味しいけど、お野菜料理レベルに合わせるなら
もうひと頑張り必要かな?

でも、お野菜がほんとにおいしくて感動しました

お料理もさくさくと持ってきてもらえたし、
お味は素材の味を大切にしており、
富良野のお野菜が本当においしかったので
ふらのフレンチの全体的な感想は
大変おいしゅうございました

ディナーは終了しましたが、お楽しみはまだまだ続きます。
フラノ寶亭留には21時~24時までオープンするバーがあるのですが、
なんとほとんどのドリンクが無料なのです

これを1つの楽しみにしていたので、
再度お風呂に入って、バーに備えます

そのご紹介はフラノ寶亭留編第2弾でレポートしていますので、ぜひご覧ください。


フラノ寶亭留ディナー:ふらのフレンチ
お気に入り度:★★★★☆(4/5点)


<ご予約はこちら↓>
フラノ寶亭留

住 所 :北海道富良野市学田三区
電話番号:0167-23-8111
(小学生以下のお客様は宿泊できません) 

関連記事
スポンサーサイト


人気ブログランキング参加中人気ブログランキングへ
<スポンサードリンク>

テーマ:北海道のグルメ
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。